男性

展示会装飾施工業者へ依頼|他者より際立ったブースで業績向上

ブースのカラー

会場

展示会装飾施工業者とのプランニングにおいて、自社の出展するブースのレイアウトについてのプランニングも重要なポイントです。しかし、プランニングにおいての重要なポイントはこれだけではありません。ブースに使用する看板等の装飾のカラーの選択も集客効果を得るための重要なポイントとなるのです。
多くの企業は自社のブースのカラーにコーポレートカラーを選択するかと思います。そうすることで自社をよりアピールできると考えるのでしょう。しかし、そのカラーによっては集客効果を半減させてしまう可能性があるのです。まずは集客効果を半減させてしまうカラーについて知っていきましょう。そういったブースの装飾等に適さないカラーは寒色と呼ばれるもので、寒色とは青緑、青、青紫であり、落ち着いた静かな印象を感じさせるカラーのことを指します。寒色の色は人間の脳にある副交感神経に作用するといわれており、その効果として気持ちを落ち着ける効果があるそうです。しかし、企業の展示会において落ち着いた色は逆効果です。展示会のブースの装飾等に適しているカラーは寒色の反対である暖色と呼ばれるカラーで、赤色やオレンジ、黄色といった暖かく明るい印象を受けるカラーです。暖色は人の注意をより惹きつける効果があり、看板等の装飾を暖色にすることによってその看板へ来場者の関心を惹きつけることができるのです。また、暖色を基調としてその一部に反対色である寒色を取り入れることで暖色をより際立たせることが可能になります。これは相対色と呼ばれる技術で、ブースの様々な装飾に取り入れることで他企業のブースよりも際立ったブースを作成することができるでしょう。展示会装飾施工業者とのプランニングの際にはそういった点にも注目してプランニングすることでより集客効果のあるブースを作成することができるでしょう。